オキクラゲ (Pelagia noctiluca)

くらげ辞典
Spiaggia Sa Canna/Hans Hillewaert

温かい海域から黒潮に乗って日本に流れてくるクラゲ

Spiaggia Sa Canna/Hans Hillewaert
分類動物界 > 刺胞動物門 > 鉢虫綱 > 旗口クラゲ目 > オキクラゲ科 > オキクラゲ属 > オキクラゲ
学名Pelagia noctiluca
英名Purple jelly
和名オキクラゲ

分類データ:BISMaL

生息域

地中海や紅海など温かい地域で、太平洋ではハワイやカルフォルニア南部の沖合。海流に乗っていろいろな地域に流れていく。

生態

温かい海域に住み、一生浮遊して生活するクラゲ。ポリプ状態が無い。約5~7cmの大きさ。

基本情報

オキクラゲは一生浮遊して生活する発光性のクラゲ。暖かい地域で生まれ、プランクトンや小魚を食べながら海流に乗って移動する。海流のあるほとんどの場所で生活できる。グループを作って集団で移動することもある。2007年にイギリスの鮭養殖場に大量のオキクラゲが流れ付き大きな被害を出した。

ギャラリー

Pelagia noctiluca
くらげ辞典
スポンサーリンク
情報提供のお願い

海月幻想空間くらげすでは多くの図鑑や文献を参考に正確な情報の提供に努めています。

もし、些細な点であっても気になったことがありましたら、情報提供いただけると幸いでございます。

くらげす!をフォローする
KURAGES
タイトルとURLをコピーしました