チチュウカイイボクラゲ (Cotylorhiza tuberculata)

くらげ辞典
新江ノ島水族館/KURAGES編集部

目玉焼きのような形の傘が特徴のクラゲ

チチュウカイイボクラゲ

新江ノ島水族館/KURAGES編集部
分類動物界 > 刺胞動物門 > ヒドロ虫綱 > 淡水クラゲ目 > イボクラゲ科 > チチュウカイイボクラゲ属 > チチュウカイイボクラゲ
学名Cotylorhiza tuberculata
英名Fried Egg Jellyfish
和名チチュウカイイボクラゲ、チチュウカイハイカラクラゲ、コティロリーザ・ツベルクラータ

分類データ:WORMS

生息域

主に地中海、エーゲ海、アドリア海

生態

傘の大きさは約15cmほど。光合成する褐虫藻と共生している。

くらげ案内

チチュウカイイボクラゲは目玉焼きのような見た目のクラゲです。英語ではフライド・エッグ・ジェリーとも呼ばれています。ちなみに見た目が生卵のサムクラゲというクラゲもいます。見た目は柔らかそうですが固く、成長途中のクラゲは傷ついても自己修復します。地中海で大量発生して問題になっています。

ギャラリー

Cotylorhiza tuberculata

リファレンス

  • 最新110種のクラゲの不思議な生態(誠文堂新光社,2013)/p44
くらげ辞典
スポンサーリンク
情報提供のお願い

海月幻想空間くらげすでは多くの図鑑や文献を参考に正確な情報の提供に努めています。

もし、些細な点であっても気になったことがありましたら、情報提供いただけると幸いでございます。

くらげす!をフォローする
KURAGES
タイトルとURLをコピーしました