イオリクラゲ (Neoturris breviconis)

Neoturris breviconisくらげ辞典
新江ノ島水族館/KURAGES編集部

イオリクラゲは能登半島にある海沿いの小さな街「庵」の名前からなずけられました。

イオリクラゲ

新江ノ島水族館/KURAGES編集部
分類動物界 > 刺胞動物門 > ヒドロ虫綱 > 刺糸亜目 > エボシクラゲ科 > イオリクラゲ属 > イオリクラゲ
学名Neoturris breviconis
英名
和名イオリクラゲ(庵海月)

分類データ:BISMaL

生息域

日本本州の日本海側などを中心とする

生態

不明点も多いが水族館ではわりと見かけることができる方にはいる??

くらげ案内

イオリクラゲは 能登半島にある石川県七尾市の海岸沿いの庵町という地名から名前がつけられました。海底ゴミを隠れ家として生活している事例なども見つかっていますが、詳しいことはわかっていません。

ギャラリー

Iorikurage Neoturris breviconis イオリクラゲ 【加茂水族館・新江ノ島水族館】

リファレンス

  • データなし
くらげ辞典
スポンサーリンク
情報提供のお願い

海月幻想空間くらげすでは多くの図鑑や文献を参考に正確な情報の提供に努めています。

もし、些細な点であっても気になったことがありましたら、情報提供いただけると幸いでございます。

くらげす!をフォローする
KURAGES
タイトルとURLをコピーしました