イボクラゲ (Cephea cephea)

くらげ辞典
No Date/Derek Keats

傘の上にイボ状の突起があるクラゲ

イボクラゲ

No Date/Derek Keats
分類動物界 > 刺胞動物門 > ヒドロ虫綱 > 淡水クラゲ目 > イボクラゲ科 > イボクラゲ属 > イボクラゲ
学名Cephea cephea
英名
和名イボクラゲ

分類データ:BISMaL

生息域

紅海やインドネシアなど幅広い海域。日本には黒潮に乗って流されてくる。

生態

約30cmを超えて大きく成長する。

くらげ案内

イボクラゲは傘の上にイボ状の突起が特徴のクラゲです。傘はサカサクラゲのように平べったくなっていることも多い。

ギャラリー

大型で美しい「イボクラゲ」

リファレンス

  • 日本クラゲ大図鑑(平凡社,2015)/p69,275
くらげ辞典
スポンサーリンク
情報提供のお願い

海月幻想空間くらげすでは多くの図鑑や文献を参考に正確な情報の提供に努めています。

もし、些細な点であっても気になったことがありましたら、情報提供いただけると幸いでございます。

くらげす!をフォローする
KURAGES
タイトルとURLをコピーしました