アカクラゲ (Chrysaora pacifica)

くらげ辞典
葛西臨海水族園/KURAGES編集部

2m以上にもなる長くてひらひらとした触手があるクラゲ

アカクラゲ

葛西臨海水族園/KURAGES編集部
分類動物界 > 刺胞動物門 > 鉢虫綱 > 旗口クラゲ目 > オキクラゲ科 > ヤナギクラゲ属 > アカクラゲ
学名Chrysaora pacifica
英名Japanese sea nettle
和名アカクラゲ(赤海月)、レンタイキクラゲ(連隊旗海月)、ハクションクラゲ

分類データ: BISMaL

生息域

北海道以南の日本近海

生態

触手に毒を持つ。クラゲを捕食する。

くらげ案内

アカクラゲは傘に16本の線がある赤褐色のクラゲです。かなり強い毒を持ち、乾燥したのちも毒性が残るため乾燥したアカクラゲが原因でくしゃみが起こることがあります。そのことからハクションクラゲという別名を持つ。アカクラゲが出現する時期はミズクラゲも多く発生しているのでタイミングが合えば捕食シーンを見られる、らしい。

ギャラリー

アカクラゲ Japanese sea nettle Chrysaora pacifica 新江ノ島水族館 Enosima Aquarium

リファレンス

  • 最新クラゲ図鑑110種のクラゲの不思議な生態(誠文堂新光社,2013)/p24
くらげ辞典
スポンサーリンク
情報提供のお願い

海月幻想空間くらげすでは多くの図鑑や文献を参考に正確な情報の提供に努めています。

もし、些細な点であっても気になったことがありましたら、情報提供いただけると幸いでございます。

くらげす!をフォローする
KURAGES
タイトルとURLをコピーしました