ハナガサクラゲ (Olindias formosa)

くらげ辞典
葛西臨海水族園/KURAGES編集部

花笠のように触手が美しいクラゲ

ハナガサクラゲ

葛西臨海水族園/KURAGES編集部
分類動物界 > 刺胞動物門 > ヒドロ虫綱 > 淡水クラゲ目 > ハナガサクラゲ科 > ハナガサクラゲ属 > ハナガサクラゲ
学名Olindias formosa
英名Flower hat jelly
和名ハナガサクラゲ(花笠海月)

分類データ: BISMaL

生息域

本州中部から九州の沿岸で見られる。

生態

毒針で小魚を捕らえ丸飲みして生活している。昼間は岩陰に隠れている。

基本情報

毒を持つクラゲだが人間に対しての致死性はない。 蛍光色の触手がひらひらと動き、花笠踊りのようにとってもきれいなクラゲです。昼間は小さな石を抱えるようにして持つことで底に沈み休んでいることが多いため、底引き網に引っかかることもある。

ギャラリー

くらげ辞典
スポンサーリンク
情報提供のお願い

海月幻想空間くらげすでは多くの図鑑や文献を参考に正確な情報の提供に努めています。

もし、些細な点であっても気になったことがありましたら、情報提供いただけると幸いでございます。

くらげす!をフォローする
KURAGES
タイトルとURLをコピーしました