オワンクラゲ (Aequorea coerulescens)

くらげ辞典
新江ノ島水族館/KURAGES編集部

傘の縁が発光するお椀状のクラゲ

オワンクラゲ

新江ノ島水族館/KURAGES編集部
分類動物界 > 刺胞動物門 > ヒドロ虫綱 > 軟クラゲ目 > オワンクラゲ科 > オワンクラゲ属 > オワンクラゲ
学名Aequorea coerulescens
英名
和名オワンクラゲ(御椀海月)

分類データ:BISMaL

生息域

世界中の海域

生態

他のクラゲや小魚を食べる。最大で約20cmの大きさになる。

くらげ案内

オワンクラゲはお椀を逆さまにしたような透明のクラゲです。お椀の縁に発光するタンパク質があり、傘の縁が緑色に発光する。緑色蛍光タンパク質は日本の下村脩氏によって発見され、医療の世界で自然由来の目印「マーカー」として利用されています。

ギャラリー

オワンクラゲ

リファレンス

  • データなし
くらげ辞典
スポンサーリンク
情報提供のお願い

海月幻想空間くらげすでは多くの図鑑や文献を参考に正確な情報の提供に努めています。

もし、些細な点であっても気になったことがありましたら、情報提供いただけると幸いでございます。

くらげす!をフォローする
KURAGES
タイトルとURLをコピーしました