キタユウレイクラゲ (Cyanea capillata)

くらげ辞典
茨城県大洗水族館/Σ64

ライオンのたてがみという別名を持つユウレイクラゲの仲間

キタユウレイクラゲ

茨城県大洗水族館/Σ64
分類動物界 > 刺胞動物門 > 鉢虫綱 > 旗口クラゲ目 > ユウレイクラゲ科 > ユウレイクラゲ属 > キタユウレイクラゲ
学名Cyanea capillata
英名Gost Jelly
和名キタユウレイクラゲ(北幽霊海月)、ライオンタテガミクラゲ

分類データ: BISMaL

生息域

イギリス近海などとにかく寒い北方海域

生態

約2mほどの超巨大クラゲです。北方海域をゆらゆらと幽霊のように漂っている。

基本情報

キタユウレイクラゲは約2mというな大きさと、ライオンのたてがみのようなふさふさとした赤銅色の触手から別名でライオンタテガミクラゲと呼ばれている。このふさふさとした触手で魚を網に掛けるようにして獲って食べる。赤色系や青色系など色味は様々だが、分類としては分けられていない。

ギャラリー

Lion's Mane Jellyfish
No data/Matteo Endrizzi
くらげ辞典
スポンサーリンク
情報提供のお願い

海月幻想空間くらげすでは多くの図鑑や文献を参考に正確な情報の提供に努めています。

もし、些細な点であっても気になったことがありましたら、情報提供いただけると幸いでございます。

くらげす!をフォローする
KURAGES
タイトルとURLをコピーしました